ANA

【ANAマイル】を使ってビジネスクラスでエルニドと香港へ行ってきます!ANA特典航空券の上手な発券方法のポイントまとめ

先日、ANAのマイルを使って、ビジネスクラスのエルニド(フィリピン)と香港/中国までの航空券を発券しました

この記事では、僕の発券の体験記と一緒に、ANAマイルを上手に使う方法をお伝えします

特典航空券は、ビジネスクラスで発券するのが得!

まあ、いまさら言う必要もないことかもしれませんが…

マイルを使った特典航空券は、ビジネスクラス以上で使うのがお得です!

例えば、今回、僕が発券したフィリピンまでの航空券。

エコノミークラスと、ビジネスクラスで、どれだけ差があるのか?を見ていきましょう

同じ条件で見る必要があるため、

  • 同じ航空会社(ANA)
  • 同じ路線(東京/成田-マニラの往復)
  • 同じ日程での便(往路:2018年10月15日 復路:2018年10月18日)

で、価格の違いを見てみます

エコノミークラスは最安値で往復59950円

この記事を書いている2018年6月25日現在、このような結果となりました

一方、この路線を同日にビジネスクラスで飛ぶと、いくらになるのでしょうか?

ビジネスクラスは最安値で往復161950円

ざっくりですが、3倍の価格となりました

もちろん、時期や路線によっても、違うでしょうが、これは1つの参考として、憶えておいても良いのかもしれませんね

エコノミークラスと、ビジネスクラスの最安値の料金は、3倍以上の開きがある

同じ路線をマイルを使った特典航空券で飛ぶと…

では、今度は、この東京/成田-マニラという路線をANAのマイルを使った特典航空券で飛ぶとどうなるのでしょうか?

ANAの特典航空券のルールは、ANA便に乗るのか?所属アライアンスであるスターアライアンスに乗るのか?によっても、違ってきます

ANA便に乗る場合は、「いつ乗るのか?」によって、シーズンと呼ばれるものが違い、必要なマイル数も違ってきます

そのため、今回は、スターアライアンスの航空会社での特典航空券を発券した場合で、比べていきます

ANAマイルを使って東京/成田-マニラをスターアライアンス航空会社、エコノミークラスで往復する場合、20000マイル必要

そもそも、ANAは、日本からフィリピンまでの特典航空券が、低いマイル数で、予約できる航空会社です

そのため、エコノミークラスで往復する場合、たったの20000マイルしか必要になりません

では、ビジネスクラスの場合は、どうなるのか?

ANAマイルを使って東京/成田-マニラをスターアライアンス航空会社、ビジネスクラスで往復する場合、40000~43000マイル必要

なんと!

ビジネスクラスの場合は、往復で40000~43000マイルしか必要にならないんですね!

マイルを使った特典航空券ではなく、普通に航空券を購入した場合は、3倍以上の開きがあったのに、マイルを使うと、たった2倍で、ビジネスクラスに乗れるということになります!

これだけでも、すでにお得ですが、ANAの場合、特典航空券を使った時に、さらにお得になることがあるんです!

それは…

ANAでは、特典航空券だと、往復それぞれ1箇所ずつストップオーバーができます!

まずは、ストップオーバーについて、簡単に解説します!

ストップオーバーは24時間以上を経由地で過ごすこと

ストップオーバーですが、経由地で24時間以上過ごす事をいいます。

24時間以上かかる乗り換えなんてあるの?と、疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

基本的に、24時間以上かかる乗り換えなんて、ありません。

しかし、旅行者が故意的に24時間以上にすることはできます。

 

例えば、先程の東京/成田-マニラの旅程の場合、旅行者の中には「せっかくマニラに行くのなら、ついでに香港に立ち寄って、香港旅行も楽しみたい」という方もいるでしょう。

その場合、わざと香港で24時間以上滞在するように、乗り換え便を設定し、香港で何泊かするということもできるわけです。

このように経由地で24時間以上過ごす事をストップオーバーと言います。

ストップオーバーするには、追加料金がかかる場合も…

航空会社や、チケットの種類によっては、ストップオーバーできないチケットや、追加料金がかかる設定のものもあります。これらは、予約クラス(ブッキングクラス)毎に違うので、ストップオーバーしたい場合は、チケットの購入時に、しっかりと確認する必要があります。

とまあ、こんな感じです

なんとなく、ストップオーバーについて、ご理解頂けましたでしょうか?

トランジット、トランスファー、ストップオーバーについては、その違いをしっかり理解できていないと、個人手配の旅行の時などに、旅程を組む上で、困ることもあるかもしれません

ANAの特典航空券は、往復でそれぞれ1箇所ずつ、ストップオーバーができます!

話を戻します

ANAのマイルを使って、特典航空券を発券する場合、往復でそれぞれ、1箇所ずつストップオーバーすることができます

先程、東京/成田-マニラの路線が、40000~43000マイルとお伝えしましたが、これは、

  • 搭乗回数が2回の場合:40000マイル
  • 搭乗回数が3回以上の場合:43000マイル

となります

ストップオーバーしようとすると、どこかを経由するわけですから、必然的に乗る回数は3回以上となりますね

通常の航空券を購入するときには、プラス料金がかかる場合も多いですから、たったの3000マイル追加で、往復で1箇所ずつ、ストップオーバーができるのは、かなりお得です!

今回、僕が発券した区間と必要経費

では、これらのことを踏まえて、僕が、今回発券した区間をみていきます

まず、往路ですが、コチラにしました

往路は、東京からのANA直行便

あれ?

直行便?

せっかくストップオーバーできるのに、どこにも寄らないの??

と、思った方もいるかもしれませんね

もちろん、どこかを経由しようと思えば、経由できたんですが、今回はわざと、ANAの直行便を選びました

理由は…

ANAの最新787-9のビジネスクラスに乗れる!

そうなんです!

東京-マニラは、最新鋭ボーイング787-9ドリームライナーが、就航している路線なんです!

ひとことで、ビジネスクラスとは言っても、機材が新しいか、古いか?で、大きく快適度は違います

せっかくなら、新しい機材に乗りたいですよね^^

ANAの最新鋭ボーイング787-9ドリームライナーは、専用サイトができているくらい、ANAも一押しですから、期待が持てます!

復路は、香港に寄りたい(ストップオーバー)ので、乗り継ぎに

マニラから、香港まで、直行便で行ければ良いのですが、残念ながら、スターアライアンスの航空会社では、この路線を直行便では、結んでいません

そのため、乗り継ぎ便となってしまいます

もちろん、ビジネスクラスに乗れるのは嬉しいんですが、エアチャイナ(中国国際航空)の少し古い機材ですから、どこまで期待できるか…

ちなみに、ANAの特典航空券の場合、乗り継ぎ地での滞在時間が24時間以内であれば、当然ですが、ストップオーバー扱いにはならないため、乗り継ぎが可能です

数日、香港に滞在してからANA便で東京へ帰国

数日、香港に滞在(香港から、電車で中国へも足を伸ばす予定です)してから、帰国します

本当は、復路も、最新鋭ボーイング787-9ドリームライナーに乗りたかったのですが、希望の日時には、空きがない状況…

仕方なく、少し古い機材の成田発着の便を予約しました

人気路線のビジネスクラスは、早めの予約がマスト!

そもそも、特典航空券の席数は、かなり限られています

そして、ビジネスクラスに乗りたい!という方が多いわけですから、人気路線のビジネスクラスは、かなり取り合いになります

ANAでは、330日前から特典航空券を発券することが可能です

およそ11ヶ月前ということですね

 

今回の旅行は2019年3月に行く予定です

そして、特典航空券を予約したのは、2018年5月

およそ10ヶ月前に予約しましたが、東京-香港の最新鋭ボーイング787-9ドリームライナービジネスクラスは、すでに空きがない状況でした…

 

ビジネスクラスで、しかも、最新鋭の機材で、マイルを使った特典航空券を発券したい!と考えている方は、かなり早めに動いた方が良さそうですよ

今回の特典航空券にかかったコスト

では、続けて、今回の特典航空券にかかったコストです

往復で、1人43000マイル

夫婦2人で86000マイルです

ANAの場合は、特典航空券は、燃油サーチャージが無料にはなりませんので、通常通り、支払う必要があり、諸税も含め、合計46480円

1人あたり23240円という結果に

▼ちなみに、1人分の内訳はこちら

43000マイルと2万円ちょっとで、往復で合計4区間もビジネスクラスに乗れるってのは、お得じゃないですか?

しかも、そのうち、1区間はANAの最新鋭ボーイング787-9ドリームライナーですし!

あれ?目的地はエルニドじゃなかったの?

そうです

今回の旅の目的地はマニラではなく、エルニド

でも、エルニドまでは、ANAが加盟するスターアライアンスは、就航していないんですね

そのため、マニラ-エルニドは、個人で別途有償航空券を手配する必要があります

ってか、エルニドってどこよ? 聞いたことないけど…

エルニドは、フィリピンのパラワン島にある街で、「フィリピン最後の秘境」と言われる超絶海がキレイなところです

僕が大好きな高城剛さんの、▼コチラの書籍でも紹介されています

世界中を旅する高城さん自身も、毎年エルニドに来てしまうほど、はまってるとか…

▼ちなみに、エルニドは2018年4月には人気テレビ番組「世界さま~リゾート」でも紹介されました

ちょっと話がずれましたが、今回のように目的地まで、マイルを使おうと思っている航空会社や、その提携航空会社が就航していない場合、近くの大都市までマイルを使っていって行って、そこからは有償航空券を購入という旅程もオススメですよ!

ANAのマイルを貯めるおすすめクレジットカード3選!

ここまで見てきたように、マイルを使った特典航空券で、ビジネスクラスに乗ることは、かなりお得です

でも、当然ですが、ビジネスクラスの特典航空券を発券するためには、それなりに多くのマイルが必要となります

ここからは、ANAのマイルを貯める方に向けた、おすすめのクレジットカードをご紹介していきます

ANAマイルを貯めるなら、ANAカードが良いのか?

ANAマイルを貯めるのは、「ANAカード」と思っていませんか?

確かに、ANAカードには、搭乗ボーナスマイルなどの、多くのメリットもありますから、おすすめではないというわけではありません

でも、実際にはANAカードを持って、マイルを貯めるよりも、もっとオススメのクレジットカードがありますので、今回は、ANAカードよりもおすすめのクレジットカード3枚をご紹介します

ANAマイルを貯めるのにおすすめのカード3選!

ランキング1位 SPGアメックスカード

カードを持つだけで、世界最大規模のホテルチェーンSPGグループの上級会員になれる特典付き!

・世界中でのカード利用100円につき3ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント→ANA1マイルに交換可能!ポイントに有効期限はないので、実質無期限でANAマイルを貯めることができます!

・しかも毎年1泊SPG系列のホテルに無料宿泊できるので、年会費分くらいは簡単に回収できますよ!

ANAマイルへのおすすめ度
年会費 31,000円+消費税(家族カード15,500円+消費税)
入会特典 ・入会後3ヶ月以内に10万円以上のカードご利用で30000ポイントプレゼント

・入会するだけでSPGゴールド会員になれる

・毎年SPG系列のホテル1泊無料宿泊

こんな方におすすめ! ・ANAのマイルを無期限で貯めたい方

・年に1回以上ホテルに宿泊する方

・SPG系列のホテルラウンジなどが使える上級会員になりたい方

公式ページ

ランキング2位 スカイトラベラープレミアカード

対象航空会社28社の航空券を購入すると通常の5倍(100円で5ポイント)が貯まります!

・もちろんANAの航空券購入もポイント5倍!

・世界中でのカード利用100円につき3ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント→ANA1マイルに交換可能!ポイントに有効期限はないので、実質無期限でANAマイルを貯めることができます!

ANAマイルへのおすすめ度
年会費 年会費35,000円+消費税(家族カード17,500円+消費税)
入会特典 ・入会でもれなく5,000ポイント

・毎年のカード継続毎に5,000ポイントをプレゼント

こんな方におすすめ ・ANAのマイルを無期限で貯めたい方

・飛行機のチケットをよく購入する方

公式ページ

ランキング3位 楽天カード

・発行枚数日本一のクレジットカード

・世界中でのカード利用100円につき3ポイントが貯まり、貯まったポイントは2ポイント→ANA1マイルに交換可能!ポイントに有効期限はないので、実質無期限でANAマイルを貯めることができます!

ANAマイルへのおすすめ度
年会費 永年無料
入会特典 入会キャンペーンをよく実施していますので、最新の入会特典は、公式ページでご確認ください
こんな方におすすめ ・ANAのマイルを無期限で貯めたい方

楽天市場などの楽天が提供するサービスをよく利用する方

公式ページ

まとめ

ちょっと長い記事になってしまったので、要点をまとめます

ANAマイルを使って特典航空券を発券する場合のポイント
  • ビジネスクラス以上がお得なので、特典航空券をはビジネスクラス以上で使うべし!
  • 人気路線は取り合いなので、発売日(搭乗の330日前)に予約すべし!
  • ビジネスクラスでも機材によって、快適度が違うので、機材まで良く確認すべし!
  • ANAカードに限らず、他のクレジットカードでもマイルを貯めることを検討すべし!

いいね! フォローすると
更新情報が届きます

ABOUT ME
phuuu
30代自営業。趣味は海外旅行と投資。 ブログにおける主な担当分野はマイル/ポイント/クレジットカード/お得な海外旅行の行き方/投資/資産運用など

関連記事(一部広告含む)