【改悪】ANAが国際線に乗り継ぐ場合の国内線マイル積算率を2017年10月より変更

マイルが貯めやすく、陸マイラーにも、人気がある【ANA】から、改悪のニュースです

今回は、国際線へ乗り継ぐ国内線のマイル積算率が変わります

【ANA】今までは予約クラス関係なく一律で100%加算

国内線から国際線へ乗り継ぐ場合、今までは予約クラスに関係なく、一律で100%の加算率でマイルを貯めることが出来ました

▼あわせて読みたい【予約クラス】について

【用語解説】マイルを貯めるために重要な航空券の予約クラス(ブッキングクラス)とマイル加算率ってなに?
マイルを貯めていて、初心者が疑問に感じることの1つに、 予約クラス(ブッキングクラス) マイル加算率 があります。今回...

例えば、札幌から、シンガポールへ行く場合は、

札幌~東京/羽田~シンガポール

と、乗り継ぐ必要があります

この場合、札幌~東京/羽田のマイルは、予約クラスに関係なく、加算率100%となり、片道511マイルを貯めることができました

【ANA】2017年10月からは予約クラスに応じて、加算率が変化

今回、改悪となるとことで、2017年10月以降は、一律に100%ではなく、予約クラスに応じ、マイル加算率が変わってきます

  • F、A:150%
  • Y、B、M:100%
  • U、H、Q:70%
  • V、W、S:50%
  • L、K:30%

地方都市からの海外旅行などの際に、東京/大阪などへ飛んでから、国際線に搭乗していたという方にとっては、大きな打撃となる可能性があります

詳細は、こちらの公式サイトにて

「ANA公式サイト」航空券の予約・購入、空席・運賃の照会などはANAのホームページで。国内航空券・海外航空券のほか旅行商品・ツアーの予約・購入も可能マイレージクラブ入会案内もご用意しております。
スポンサーリンク

ご一緒にもう1記事、いかがですか?(一部広告含む)



フォローして頂けると最新情報が届きます