料理レシピ

【料理レシピ】鶏むね肉とパクチーのフォーの作り方

先日、パッタイを作る為に【ライスヌードル】を買いましたが、全て使い切っていない状態で残っていたので、今回は【ライスヌードル】を使って【フォー】を作ってみました!

サッとできて美味しいので、作り方を書こうと思います^^

【レシピ】鶏むね肉とパクチーのフォー 材料

2人分

<具材>

○鶏むね肉 のせたい分だけ

○塩麹 適量

○パクチー 1束

<麺>

○ライスヌードル 100g〜120g

<スープ>

○鶏がらスープの素 大さじ2

○酒 大さじ1

○ナンプラー 小さじ1

○薄口醤油 小さじ1

○塩 適量

○水 1000ml

仕上げに好みで【レモン】や【すだち】、【酢】、【ごま油】のいずれかをかけても美味しいと思います^^

【レシピ】鶏むね肉とパクチーのフォー 下準備

鶏むね肉はパサパサするので、一晩、塩麹でマリネしておくと、お肉が柔らかくなり、香りも良くなります^^

①鶏むね肉の皮と身の間にある余分な脂肪を取り除きます

▼取り除いた脂肪

②ビニール袋に①のお肉と塩麹を入れもみ込み、冷蔵庫で一晩おきます

▼わたしが使っている塩麹はこちら^^

濃厚なクリーム状で使いやすく、有機なので安心です!

【レシピ】鶏むね肉とパクチーのフォー 作り方

①蒸し鶏をつくる

蒸し鶏を作るのに一番時間がかかるので、はじめにします!

塩麹でマリネした鶏むね肉は、作り始める30分〜1時間前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます

(お肉が冷たいと、中まで火が通るのに時間がかかり、お肉の外側に火が入りすぎてしまうため)

わたしは【ヘルシオ】で蒸し鶏を作ります。(ヘルシオでなくても、蒸し器やフライパンなど、お好みの方法で蒸し鶏を作ってくださいね^^)

▼ヘルシオでは30分かかります

蒸し鶏を蒸している間に、時間を逆算して、麺やスープの準備をします

蒸し鶏ができたら食べやすい厚みにカットします

②パクチーを切っておく

パクチーを食べやすい長さに切っておきます

③スープをつくる

鍋にスープの材料を全て入れ、火にかけます

▼スープに入れる【ナンプラー】わたしのオススメはこちら^^

メガシェフの【ナンプラー】や【オイスターソース】はクセが無く使いやすいです!

▼スープに入れる【酒】わたしのオススメはこちら^^

福来純(花美蔵の後継品)のお酒。お水が綺麗な岐阜県産だからなのか、つくられ方が丁寧だからなのか、とにかく香りが良く、気に入っています!

④ライスヌードルを茹でる

使用するライスヌードルの調理方法に従って、ライスヌードルを茹でます

(わたしが使用したものは、茹で時間が約3分でした)

【ライスヌードル】って、スーパーで見つけられない時ありますよね…

▼ネットなら簡単に手に入ります^^

⑤スープの鍋へ入れていく

③のスープの鍋に、④のライスヌードル(湯切りして)を入れる

パクチーも加えサッと火を通す

⑥器へ盛り付ける

⑤の麺とスープ、パクチーを器へ入れ、①の蒸し鶏をのせる

仕上げに好みで【レモン】や【すだち】、【酢】、【ごま油】のいずれかをかけても美味しいと思います^^

わたしは【ごま油】をかけました^^

▼わたしのオススメのごま油がこちら^^

テレビでも取り上げられていましたが、京都のストイックな会社【山田製油】のごま油

「ええもんつこうて、うまいもんつくる」がポリシーだそう^^ 安心で美味しいごま油です!

 

麺類は、仕上げのタイミングをそろえるのが難しいですが、蒸し鶏ができあがる時間を逆算して、上手にタイミングを合わせて作ってみてくださいね^^

いいね! フォローすると
更新情報が届きます

ABOUT ME
sachi
sachi
30代主婦。趣味は海外旅行と美容。ブログにおける主な担当分野は旅行や食べ歩き等のレポート。

関連記事(一部広告含む)