美容と健康

皮膚科で【ホクロ除去】体験記① / 【ホクロ】の状態と治療の仕方 / 保険診療と自費診療についてのまとめ

昨年から社交ダンスを習いはじめたのですが、半年後に発表会でドレスを着ることになりました。社交ダンスのドレスは胸元や背中が空いたデザインが多く、見える場所にある【ホクロ】が気になってきました。

思い切って、気になる【ホクロ】を取ることにしました!

この記事では、何回かに分けて、皮膚科でわたしが【ホクロ】をとってもらう過程を書いていこうと思います!

今回は、皮膚科でのカウンセリングの際にお聞きした内容をまとめます^^

【ホクロ除去】体験記①カウンセリング編 まずはクリニック選び

カウンセリングの内容をお伝えする前に、わたしが今回お世話になったクリニックと、そのクリニックを選んだ理由を記載しておきます^^

今回わたしがお世話になったのは、東京都の八丁堀にある【スキン・ソリューション・クリニック】さんです^^

こちらのクリニックに決めたのは、以下の理由です!

  • ホームページの診療内容の説明が詳細で分かりやすかった
  • 院長先生のブログを読んでいると、本当に【美容】がお好きなのが伝わり、こちらのクリニックだったら綺麗にしてもらえそうだと感じた

たくさんのクリニックがあるので、ご自身に合いそうで、安心して施術を受けられるクリニックを選んでくださいね^^

それから、カウンセリングを受けられる場合は、気になることや、分からないことがあったら、そのままにせず、先生に質問してみましょう!

納得いく説明がかえってくると、これから治療をお任せする安心感がUPします^^

【ホクロ除去】体験記①カウンセリング編 【ホクロ】の状態により治療の仕方が異なる

今回わたしが気になったのは、にあるぷくっと膨らんでいる大きいホクロが1つと、ポチッと小さいホクロが1つ。合計2つを除去してもらうことになりました。

診察してもらった結果、大きいホクロは【切開】小さいホクロは【レーザー】で取り除いてもらうことに^^

何故、治療方法が異なるのか…

これらの治療方法の違いには、皮膚科の先生の「綺麗に取り除いてあげよう」というこだわりがあったのです!

【切開手術】をするよりも、【レーザー】で取り除いてしまったほうが、手っ取り早い気がしますが、【レーザー】治療にはデメリットも…

【レーザー】を当てた皮膚の【メラニン】は破壊されてしまうそうです。【レーザー】での治療後、再生した皮膚にも当然【メラニン】は無いため、周囲の皮膚の色と同じようにはならず、ずっとその部分だけ白くなってしまうそう。

とは言っても【レーザー】でメラニンが破壊され、白くなってしまっても、もともとの【ホクロ】が小さければ、周囲の皮膚との違いも気になりません。【切開手術】の大変さを考えると、小さければ、【レーザー治療】の方が向いているということになります。

まとめ

わたしたち患者の治療の負担と、【ホクロ】を取り除いた後の皮膚をできるだけ綺麗にすることを考え、【ホクロ】の状態によって治療方法が異なっていたのです!

【ホクロ除去】体験記①カウンセリング編 【治療方法】により【保険診療】OR【自費診療】

今回わたしがお世話になったクリニックでは、

【レーザー治療】は【自費診療】

【切開手術】は【保険診療】

でした!

治療にかかった費用については、それぞれの【ホクロ除去体験記】にまとめます^^

▼【レーザー治療】はこちら

あわせて読みたい
皮膚科で【ホクロ除去】体験記③ / 自費診療の【レーザー治療】昨年から社交ダンスを習いはじめたのですが、半年後に発表会でドレスを着ることになりました。社交ダンスのドレスは胸元や背中が空いたデザインが...

▼【切開手術】はこちら

あわせて読みたい
皮膚科で【ホクロ除去】体験記② / 保険診療の【切開手術】昨年から社交ダンスを習いはじめたのですが、半年後に発表会でドレスを着ることになりました。社交ダンスのドレスは胸元や背中が空いたデザインが...

【ホクロ除去】体験記①カウンセリング編 【ケロイド体質】の場合は落ち着いて…

今回ホクロを除去していただく際、施術前に「ケロイド体質ではないか?」という確認をされました。

【ケロイド体質】の場合は、気になる【ホクロ】があったとしても、落ち着いて考えた方が良さそうです!

ホクロを取り除く際のリスク

ホクロを取り除いてもらった後は、アフターケアをしっかりしないと【ケロイド】になるリスクがあるそうです。

 

そして、もともと【ケロイド体質】の場合は、せっかく【ホクロ】を取り除いても、その部分が【ケロイド】になってしまい、余計に見た目が悪くなってしまうリスクが高いそうです。

 

とくに、【レーザー】での治療はリスクが高いそうで、【切開】での治療であれば、取り除いた後の皮膚をすぐに縫ってひっつけるので、少しはリスクが低いそうですが、いずれにしても、リスクがあることをしっかりと頭に入れた上、それでも【ホクロ】を除去するのか慎重に考えたほうが良さそうです。

 

まとめ

【ケロイド体質】の方で、どうしても気になる【ホクロ】がある場合は、信頼できる先生に一度相談されることをオススメします!

いいね! フォローすると
更新情報が届きます

ABOUT ME
sachi
sachi
30代主婦。趣味は海外旅行と美容。ブログにおける主な担当分野は旅行や食べ歩き等のレポート。

関連記事(一部広告含む)



あなたにオススメの関連記事