【沖縄】伝統を大切にする【沖縄そば】のお店【てんtoてん】 素材重視で丁寧な作り方 上品で優しい味の【沖縄そば】が食べられる

沖縄、本島に旅行に行った際、ちょっと変わった【沖縄そば】のお店に行ってみました。

そこでは、昔ながらの作り方や、昔ながらの食べ物、飲み物を大切にしているように感じました。

伝統のある健康的な優しい味の【沖縄そば】や、お茶が楽しめます^^

営業時間が短いので、行かれる際は注意してくださいね!

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】お店の雰囲気

お店の外観は、かなり個性的。【ネイチャー】って感じでした。

▼外観

席は、床に座るタイプと、椅子に座るタイプがありました。

▼店内

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】メニュー

メニューはとってもシンプルでした!

▼メニュー

このお店の名物である【木灰すば】の【すば】とは、【そば】のこと。

【木灰】とは、灰を水に入れ沈殿させ、その上澄みの水を使って麺を作る製法のこと。

昔は、炊事をする際に木の薪を使い、出た灰を使って作っていたそうですが、ガスや電気が普及している現在では、この製法は珍しいそうです。

スープの出汁は、カツオやアグー豚でとっているそう。

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】今回いただいたもの

▼お水はハーブのお水で良い香り! コップもかわいい^^

今回は、【セット】を頼みました! ¥1100

▼【セット】の【木灰すば】

あっさりした優しい味のスープに、とぅるんとした麺。わたしはとっても好きな味でした!!

▼【セット】の【古代米おにぎり】

▼【セット】の【あまがし】

【あまがし】か【コーヒー】かを選ぶことが出来ます^^

▼単品で頼んだ【ぶくぶくー茶】 ¥540

▼【ぶくぶくー茶】の材料

▼作り方

【ぶくぶくー茶】はインパクトがあり、一度は飲んでみたい存在でしたが、泡がかえって飲みにくく、一度飲んだら満足かなといった感じでした。

泡立った【ジャスミン茶】に細かい落花生がのっていて、飲んでいくと、コップの底には赤飯が入っていました。

泡立てるのに、とても手間のかかる贅沢な飲み物です。

この、【ぶくぶくー茶】についてきた【お茶菓子】がとても美味しく、売っているお店を聞いて、買いに行きました!

詳しくはこちらを^^

【沖縄】ここでしか製造・販売されていない【伝統菓子】のお店【謝花きっぱん店】
沖縄、本島に旅行した際、【てんtoてん】という沖縄そばのお店でとっても美味しいお茶菓子をいただき、どこに売っているのか聞いて行ってみました!...

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】きらひび的 超独自採点

星3つ満点で、様々な項目別に、独自の採点をしております。

あくまでも、きらひび的採点ですので、ちょっとした参考程度にご覧ください。

立地 ★

価格&量 ★★

味 ★★★

ホスピタリティ ★★★

景色 ★★

店員の方の正確さ ★★★

総合 ★★

クレジットカードは利用できませんでした。

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】大きい車は要注意の駐車場

駐車場は2ヶ所ありますが、とても駐めにくい場所で、駐車場に入る道が狭いため、大きな車だと、通れないかも知れません。

2ヶ所の駐車場は向かいにあり、すぐ近くなので、空いたほうに駐めると良いです。

わたしたちが行ったときは、駐車場が満車だったため、車に乗ったまま、空くのを待ちました。わたしたちの車の後ろにも数台、車が並んでいました。

▼1台だけ駐められる駐車場

▼数台駐められる駐車場

上品で優しい【沖縄そば】が食べられる【てんtoてん】店舗情報

店名 てん to てん

住所 〒902-0078 沖縄県那覇市識名4丁目5−2

電話番号 098-853-1060

営業時間 11時30分~15時00分

定休日 月曜日

The following two tabs change content below.
sachi

sachi

30代主婦。趣味は海外旅行と美容。ブログにおける主な担当分野は旅行や食べ歩き等のレポート。
スポンサーリンク

ご一緒にもう1記事、いかがですか?(一部広告含む)



フォローして頂けると最新情報が届きます