丸亀製麺が運営するかつ丼&トンテキ専門店【豚屋とん一】の肉厚がすごい

全国的に大人気と言っても、過言ではない丸亀製麺。
経営元である株式会社トリドールは、最近、丸亀製麺以外にも、色々な業種へと拡大しています。

近所のショッピングモールのフードコートがリニューアルされ、新しく、株式会社トリドールが運営する【豚屋とん一】が入っていたので、行ってみました

豚屋とん一は全国約30店舗 ほぼ全てがフードコートに出店

この記事を書いている2017年8月時点で、豚屋とん一は、だいたい30店舗くらいあるみたいですね

そして、そのほとんどの店舗が、フードコートに入ってるようです

特にイオン系列のフードコートが多いようですね

トリドールとイオン、仲が良いのかな?

▼実際、僕が行った店舗も、こんなフードコート内で、こんな感じ

ちなみに、同じフードコート内には、吉野家が運営する「はなまるうどん」も入ってました

吉野家と、トリドール、どちらもうどん屋(それぞれ、はなまるうどんと丸亀製麺)を運営している会社ですが、それぞれのメインブランドが牛丼屋とうどん屋なわけですから、フードコートには、それぞれ、吉野家と丸亀製麺を入れれば良いと思ったのですが、イオンさん、どうなんでしょうか…笑

メニューは、店の上部に書かれています

フードコート内の競合店の価格に比べると、比較的強気の価格設定のように感じました

▼豚屋とん一のメニュー

豚屋とん一は、丸亀製麺同様、トレーを自分でとって、列に並んで、進みながら、最後にお会計みたいなオペレーションになっていました

注文をすると、「とんテキ」と書かれた札をもらいました

客が何を注文したか?を厨房からわかるようにしているみたいです

▼とんテキ札は、店員さんに見やすいように、トレーの中心に置いてみました

豚屋とん一の公式ホームページにも記載がありますが、オープンキッチンで、客の目の前で揚げる、焼くなどの調理をするそうです

確かに、オープンキッチンからは、全てが見えるようになっていました

▼揚げ場

▼焼き場

しばらくすると、ご飯、味噌汁、そしてお待ちかねのトンテキが、トレーに置かれていきます!

▼ご飯は半分の量でお願いしました(価格変動なし)

ちなみに、カラシや漬物のたくわんは、自分で好きなだけ取れるシステムでした。

豚屋とん一 肉厚がすごい!

伝わるかな~

この肉厚!

ファーストフードのトンテキなので、そこまで期待していなかったんですが、良い意味で予想を裏切るボリューム&肉厚でした!

▼すごいボリュームの豚屋とん一のトンテキ

▼肉厚を横から見た図

▼にんにくも丸ごと入っていて、まさに「男飯」という印象

豚屋とん一 オープン記念はお得なクーポン券がもらえる(らしい)

あ…

なぜか、僕はもらえませんでした…

オープン初日、しかもオープンしてから、数時間の日中に行ってたので、1000人オーバーだったとは考えにくいんですが、忙しかったのかな?

僕の前のお客さんも、オーダー、間違えれて、かつ丼が来そうになってたし…

豚屋とん一 きらひび的 超独自採点

星3つ満点で、様々な項目別に、独自の採点をしております。

あくまでも、きらひび的採点ですので、ちょっとした参考程度にご覧ください。

立地 チェーン店のため対象外

価格&量 ★★

味 ★★

ホスピタリティ ★★

景色 チェーン店のため対象外

店員の方の正確さ ★

総合 ★★

店舗情報は、公式サイトでご確認ください

できたての本物のおいしさをすべてのお客様へ。本格讃岐釜揚げうどん「丸亀製麺」をはじめ、いつまでも愛され続ける地域一番店を創造する外食産業のリーディングカンパニーです。
スポンサーリンク

ご一緒にもう1記事、いかがですか?(一部広告含む)



フォローして頂けると最新情報が届きます